家庭教師選びの基本【〇〇な先生は絶対に〇〇!】

家庭教師を選ぶときにとても重要なのが「先生との相性」です。

お母さん、お父さんが先生のことを気に入ったとしても、お子様にとって苦手な先生だった場合は選ぶべきではないでしょう。

この記事のタイトルの正解は「お子様が苦手な先生は絶対に選ぶな!」です。

お子様が嫌いな先生は選ばないようにしましょう。


家庭教師の一番大きなメリットは、マンツーマンで個性に合わせて指導してもらうことです。

お子様は先生を信頼できるようになって初めてその指導が結果に繋がります。

苦手な先生、嫌いな先生と二人っきりの空間で勉強をするのはとても苦痛なことです。

もしかするとそれで勉強がもっと嫌いになってしまう可能性だってあります。

ですから一緒に勉強していて楽しいと感じる先生がベストです。

嫌いな先生だと、成績が上がるどころか下がってしまうこともよくあります。

子供に好かれることが大事だと知っているかどうか


フィーリングや相性も大切ですが、それ以前に、家庭教師の先生が

生徒に好かれる方法を知っているかどうかも大切です。

プロの家庭教師は生徒に同調し、目線を合わせて信頼してもらうことから始めます。

逆に適当な家庭教師は生徒に気にってもらおうと言う努力をしません。

ですので、先生とはしっかり面談をして、お子様がどう言う性格なのかと言うことや

先生がどのようにして気に入ってもらおうとしているかを話し合いましょう。

積極的お子様への質問をしてきたり、好かれるために努力してくれそうな先生は

とりあえず信頼できる先生だと思って良いでしょう。

先生選びで大切なのは

①生徒に好かれる努力をしているか。
②子供の意見を尊重、理解しようとしているか。

この二つを基準にしてみると良いですね。

良い家庭教師に巡り会うには


ただどんな先生なのか、お子様との相性は良いのか悪いのかは実際に会って話したり、

授業をしてもらわないとわからないですよね。

ですので実際に説明を受けるとき、先生を面談を行うときは、

お子様と先生との相性をチェックしてみてはいかがでしょうか。

また家庭教師は、解約時に解約金・違約金が発生する場合があります。

「この先生とは合わないわ」と思って解約しようと思っ他時に解約金がかかってしまうと勿体無いですよね。

できれば解約金などがない家庭教師を選ぶのも一つの方法でしょう。

 

現在こちらの記事も読まれています