家庭教師を選ぶ理由!学習塾にはない家庭教師の特徴

皆様はお子様を塾に入れたり、家庭教師を読んだりして学校以外でも勉強する環境を作りたいと思った時

どんな条件、どんな基準で塾や家庭教師を選びますか?

指導方法はお子様の性格や学力によって相性の良いものと悪いものがあります。

この記事では、家庭教師のメリットや特徴、選び方などをご紹介したいと思います。

どのような場合、塾ではなく家庭教師が適して入りうのか、先生の選び方はどうすれば良いのかなど

参考にしていただければ嬉しいです。

家庭教師にできること


家庭教師は学習塾と違い、完全にマンツーマン指導になるので「強制力」と「柔軟な対応力」が大きなメリットになります。

勉強が苦手でどうしても勉強に手がつかないと言うお子様でも、そのお子様に寄り添い全力でサポートするのが家庭教師です。

強制的に勉強する環境・時間を作り結果が出るまで指導してもらえます。

ただし勉強を好きになれなかったり、「いやだなぁ」と思いながら勉強を続けていては成績は上がりませんし、

一時的に成績が上がっても進学した先ではまた勉強に追いつけなくなってしまうかもしれません。

勉強が苦手なお子様でも「強制力」で机に向かってもらうことができます

ですが大切なのはその先、勉強を好きになってもらう、苦手意識をなくしてもらうと言うことが重要です。

その点は家庭教師のもう一つのメリット「柔軟な対応力」でカバーします。

個性に合わせた学習指導


家庭教師は、お子様と1対1でサポートします。生徒一人一人の長所や短所、得意分野、苦手分野、性格などを含めて

個性に合わせた指導ができるので、複数の生徒を一人の先生がみる塾より、お子様が勉強に向き合いやすいメリットになります。

また周りの雰囲気に流されたり、余計なプレッシャーがかかったり、周りと比べて自信を失うこともなく

自分のペースでコツコツと気長に勉強を続けることができます。

成績アップ、偏差値アップは継続することで徐々に結果が出てくるものです。

そういった点で家庭教師は塾にはないメリットがたくさんあります。

家庭教師のデメリットは?


家庭教師のデメリットはマンツーマン指導が基本なので、塾よりも費用がかかってしまうことがデメリットです。

もちろん授業料はが安いところもあれば高いところもあります。

安いところはダメ、高いところは良いと言うわけではありませんので

お財布と相談しながら、お子様に合った家庭教師を選びましょう。

最後に

こちらの記事では、家庭教師のメリットと、デメリットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

家庭教師は塾と比べるとお子様に合わせた指導を行ってくれるので成績が上がりやすい、勉強を続けやすい

また勉強に積極的になりやすい傾向があります。

ただ塾と比べると少し料金が高くなってしまう、、、と言うデメリットもあります。

「家庭教師比較ガイド」で紹介している上位家庭教師の料金と、検討している塾の授業料を比較して

どちらにするか決めるのも良いかもしれませんね。

 【関西で人気上位の家庭教師はこちら】

 

現在こちらの記事も読まれています