家庭教師を契約するにあたって注意すること~パート1~


この記事では、家庭教師を契約するにあたって注意することをまとめます。

①家庭教師の料金相場は、学習塾の約1.5~2倍の費用がかかる。

まず家庭教師はイメージ通り、通常の集団塾や個別指導塾(1対2~3)に比べて費用はお高めです。
その理由としては、講師がわざわざ家まで出向くので、その手間賃と、塾では1人の講師を独占するのは、難しいので、それを完全個別で教えてくれるとなれば、当たり前と言えば当たり前なのですが。

ただひと昔の家庭教師の相場は、もっと高かったとよく聞くので平均相場は、現代では安くはなっています。
確かに昔は、お金持ちしか家庭教師を雇えないイメージがありました。

また家庭教師の業界では通例みたいですが、講師が家まで来るのにかかる交通費は、負担しないといけないという事!初めての人は、この事を知らない方が結構います。

例えば、交通費が片道500円かかれば往復で1000円。週2回だと月8000円は最低でもかかる計算になります。

この交通費も予算として見越しておかないといけないので注意です。

②家庭教師との相性が一番大事

十人十色ということわざがあるように、人それぞれ性格は違います。人と人の関係である以上、講師と子どもの相性はかなり大事です。これは講師の指導経験がいくら豊富でも関係ない別問題です。
例えば、テレビでも有名な東進の林先生。すごく魅力的な先生ですが、全員が全員、林先生と相性が合うかと言われるとそうではないと思います。
とくに家庭教師を希望する年代の子たちは、ほとんどが思春期真っただ中。好き嫌いがあって当たり前です。

ただ相性が合えば=成績向上につながります!学校の先生で好きな先生がいて、その先生が教えていた教科が得意教科!という方は結構いるのでは?

このように家庭教師の場合は、講師との相性が重要です。合わなくても講師交代は、無料でやってくれる会社が多いので、そこは安心しても大丈夫かと思いますが。

以上2点が家庭教師を契約するにあたって注意するべき点です。参考にしてください。

 

現在こちらの記事も読まれています