家庭教師の上手な利用の仕方


家庭教師を利用してる家庭は、お子様が部活や習い事をしていることが多いようです。

土日は習い事や部活の大会などのイベントなどの予定があるので
部活が終わったあと、習い事が終わったあと、夜に利用するしていることが多いです。

特に人気がある時間帯は平日の18時から21時。この時間に家庭教師を利用したいと考えている方は

事前に確認をとっておいたほうが良いかもしれません。

家庭教師を呼ぶ頻度は?

週に何回家庭教師に来てもらうかは、経済状況と生徒さんのスケジュールによって変わります。

例えば週一で月に4回授業を行う場合、家庭教師専業で行なっている先生を呼ぶときは
2万円程度が相場になります。ここには交通費も入っています。

大手の家庭教師は現業者などになると他にも費用がかかるのでもう少し高くなるかもしれません。

週に一回家庭教師を利用している方が多いようですがテスト期間や大切な試験前だけ回数増やすこと可能です。

また逆に部活や習い事が忙しい時期は少し減らす場合もあります。

授業を行う教科について


授業を行う強化は全てを満遍なく教えてもらうより、特定の科目に絞ったほうが効果があがりやすいです。

家庭教師には先生によって指導できる科目とできない科目があります。

国語・数学・英語・小論文など基本的な強化を全てこなす家庭教師もいますが

それを求めるのはあまり現実的ではありません。

家庭教師はマンツーマンなので教えてもらえる教科は限られてくるでしょう。

家庭教師の特性を利用する

家庭教師にはメリットがあればデメリットも同時に存在します。

家庭教師ならではのメリットを知り、お子様や保護者の方の環境にあうようでしたら

家庭教師を選びましょう。

またお子様と保護者の方が話し合って塾にするか家庭教師にするかを決めると良いかもしれませんね。

 

現在こちらの記事も読まれています