【家庭教師コラム】英会話スクールの英語の学習方法
 

英会話スクールの場合、ネイティブの英語を話す外国人講師が行っているところが多いです。

またコースに関しても、学年や学校別にコース分けされる学習塾とは異なり、子ども英会話、高校生英会話、日常英会話、ビジネス向け英会話といったコースの分け方がされていることが多いです。

「実用的な内容を学び、将来も英語を聞く・話すスキルが発揮できるようになりたい」という人であれば、子どもから大人まで年齢を問わず英語を学べます。

英会話独特の勉強

「英語を聞いて自分も話す」というコミュニケーション重視の学習法は、テキストでは補うことができません。実践的なスピーキング力・リスニング力が身に付くことが英会話スクールの強みでしょう。

英語を話す・聞くスキルを高めることを中心とした英会話スクールですが、受講するタイミングなどによっては「思わぬ落とし穴があるかもしれない」ということにもふれておきましょう。
 

英会話はコミュニケーションスキルを磨くことも目的としており、ある程度の文法の間違いがあっても内容が伝わる、会話が成立する、ということはよくあります。

子どもがこのスタンスのまま中学や高校の正確な英文法ではなくてはならない英語学習に進むと、小さな文法ミスのため不正解、ということが起こってしまうかもしれません。

そうなると、英語学習に対するストレスや、読み書きへの苦手意識が生まれてしまいます。

もちろん、ここで述べた弊害を避けるために、しっかりとした文法の定着から始めている英会話スクールもあります。

スクールの特徴やカリキュラムをしっかりチェックすることが大切です。

家庭教師と英会話スクールの違い

学習塾で英文法や単語、長文練習→「読む」・「書く」の スキルが鍛えられやすい 一方、英会話スクールでは「話す」・「聞く」スキルを身に付けられるという特徴がわかりました。

ただ、最近では4技能を身に付けられるように話す・聞くを取り入れている学習塾も増えてきており、英会話スクールでも書く練習を多く取り入れている所もあり、全体的に「読む」「書く」「話す」「聞く」という4技能を身に付けさせようとする動きが高まっています。

大事なことは英語を学ぶ目的を明確化し、それに合わせて自分に合った環境に身を投じることです。学習塾にせよ、英会話教室にせよ、学んだことを自分で反復することで初めて身につきます。

 

現在こちらの記事も読まれています